page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ミスドの思い出
と言う事で、ちょい凹みモードで、とらタンのご飯を買いに出かけたの。まあ、とらチャンからすると『こっちが凹みたいっつーの!』と言われそうだけど。今は、缶詰だけじゃなくてレトルトパックタイプもあるから、良いよね~。うちは、缶とかは月に1回しか回収してくれないからさ。なるべく、缶詰は避けたいのよ。



ミスタードーナツがあったので昼食&読書タイムにしようと思い入る事に。凄く久しぶり!なんか知らないドーナツが沢山ある~♪しかもキャンペーン中で全部105円!思わず山盛り買ってしまった...。あ、私が全部食べる訳じゃないからね。妹と甥っ子へのお土産ね。



学生の頃は好きで、毎日通ってたなぁ。そして、ひたすら本を読んだり、勉強したりするの。なつかしい。(集める気がなくても、自然にポイントカードが溜まるので、その頃のミスドグッズは結構家にあったりする。)そんな事、家ですればいいじゃん?って言われてたけど、家だと他の事が気になって集中出来なくてね。電車とか、喫茶店での勉強&読書が一番集中出来たなぁ。それは今も変わらなくて、未だに読書をするために喫茶店に行く事が多いの。今、通勤は電車じゃないから余計にね。



ミスドと言えば、いつも思い出す出来事があるの。今から10年近く前の話。
いつものようにバイトが終わってから終電までの時間をミスドで過ごそうと思って、ドーナツとアメリカンコーヒーを頼んだの。で、会計をしようとしたら財布に有った筈のお金が全部無くなってるのに気づいた。確かに3万円入ってた筈なのに!その日、バイトに行く前の時間でコートを買おうと思い、ATMで3万円下ろしてたの。結局、気に入ったコートが見つからず、そのままバイトをしたんだよね。



ああ、またやられたよって、情けなくなった。そのバイト先の更衣室は、3店舗が共同で使ってたので、知らない人が居てもあまり不審に思われないの。で、うっかりロッカーの鍵をかけ忘れると、何かが無くなってる事が多くてね。前にもお金を盗られて、それからは必ず鍵をかけるようにしてたんだ。今回はロッカーに鍵はかけてたんだけど、うっかりコートのポケットに財布を入れたままだったの...。



ちゃんと管理しない自分が悪いから仕方がないんだけど、この暖められたマフィンとコーヒーの立場は!?と思ったら、悲しくなってきたよ。さすがにね。



わたしが財布の中をみてボー然としてるので、ミスドのお兄さんが『どうしました?』って声をかけてきた。恥ずかしかったけど事情を説明したの。そしたらお兄さんは『大丈夫ですか?代金はいいので、これ召し上がって下さい。』って!いくらなんでも申し訳なかったので、辞退すると『ホントいいですから。どうぞ!』って言ってくれたんだ。



ホントに、なんか嬉しくて嬉しくて。半泣きで食べたよ。お金を盗られたのはショックだったけど、もうこれで帳消しだわって思うぐらい嬉しかったの~。心遣いが、ね。



おっと。なんだか思わず長文に。。。



【BGM】Mariah Carey 『#1s』

【今日のチョコ】苺とクッキー&クリームのショコラ☆☆☆
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

うーん。
禍福はあざなえる縄の如し、かしら。
大切なのはそのときに『帳消しだわ。』って思えるまるねこさんの価値観かな~。わたくし的には好感度高いです。
僕も一時期ミスタードーナツに居座っていた時期ってあるなあ。あれ、チェーンの教育方針なのか店員さん、今回のエピソードほどの経験はないけどわりとのほほんなやさしいお兄さんが多かったような気がします。
ドーナツ1個100円って時々やるけどグッズのポイントもらえるカードは値段で枚数が決まるから、グッズ狙ってるときに100円になっちゃうととんでもない量のドーナツを食べることになるんだよね~(笑)
ねこじた | URL | 2005/01/10/Mon 08:41 [EDIT]
ねこじたさん
ああ私の場合は、ただ単純なだけです(笑)でも、ありがとう。私、こういう間抜けな事ばっかりするから、怒られる事が多いので、余計に嬉しかったのかなぁ。
そうそう。今回はね、ポイントカード4枚貰ったの。『後1枚かぁ。』なんて思ってたら、小さい女の子が私の所へ来て『これ良かったら使って下さいね。』って言ってカードをくれました!わーい!
まるねこ | URL | 2005/01/10/Mon 14:43 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© ☆Full Tilt Boogie☆. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。